さらにオフショア進出が加速傾向へ

特にプロジェクトを任せられるPM やディレクションが
できる優秀な人材が不足しています。

今後さらに、まとまった人材の確保、開発コストの削減等を国内で実現するのは難しくなってくるでしょう。

IT人材の不足規模に関する予測

オフショア開発はなぜ失敗するのか?

オフショア開発は古くからある開発手法ですが、
日本ではあまり浸透しているとは言えません。

その理由として多くは以下の様なものがあります。

  • 品質が悪かった。テストがしっかり行われていない
  • 言葉の問題から仕様を伝えることが難しかった
  • 文化や価値観の違いからミスコミュニケーションが発生した
  • 人種の違いを乗り越え、いいチームを作ることができなかった
矢印

なぜそのようなことになってしまったかという
失敗の原因は、だいたい以下のようなものです。

  • 依頼先ブリッジSE に頼りきってしまい、蓋を開けてみたらできていなかった
  • 日本のやり方を押付け、新しいチームに適したやり方を模索しなかった
  • コミュニケーションの量・方法が適切ではなかった
  • 文化や価値観の違いを理解し互いを信頼し尊敬できるチームを作れなかった

これらをG.I.F は自ら多くの経験と対策を通して
解消してきました。

開発マネージメントを代行

G.I.F が窓口となりオフショア開発先を
責任をもってマネージメントを代行します。

これにより国内開発と同じような密接な進行が
できると同時にコストを削減することができます。

GIFオフショア開発マネジメントのアーキテクチャ

東南アジア各国(ベトナム・ミャンマー等)、
100 社以上との業務提携を結んでおり
必ずお客様の案件にマッチングする
現地企業を見つけることができるでしょう。

御社でのマネージメントもOK

オフショア開発先を直接マネージメントしたい企業様もスムーズに行えるようなノウハウのご提供、また信頼できる、かつ、スタートしたい案件を得意とする現地企業をご紹介しております。お気軽にお問い合わせください。

ラボ設立の支援

オフショア先の
手配

オフショア開発成功へのカギ

G.I.F はオフショア開発において、たくさんの失敗をしました。

しかし今ではその経験を活かし、オフショア開発を成功させるためのノウハウを蓄積することができました。

東南アジア各国に対応
(ベトナム・ミャンマー等)

日本語完全対応

1人~ラボ構築体制

ごく小規模、短期スポットでのラボ構築など、日本語でシームレスなやりとり。

G.I.F なら規模や人数もフレキシブルに対応可能。

G.I.F のベトナムラボ

G.I.F では、ベトナムのラボチームも、日本の社員と変わりなく扱っています。日本の文化を理解してもらい、ベトナムの文化を理解し、ベトナムに頻繁に赴き対面でのコミュニケーションを大切にしています。足りない時はお互いが納得できるまで腹を割って、とことん話し合います。これらを重ねていく上でお互いの信頼生まれていると考えています。

この活動を通して、日本企業相手のシステム開発に慣れているベトナム人エンジニアを活用し、日本企業に外注するよりも安く、日本人開発スタッフと同じように開発することができます。ベトナムには日本に長く留学していたスタッフを始め、日本語を話し資料を作ることもできるスタッフが数多くおりますので、安心して開発を進めることができます。もちろん、お客様が直接ベトナムに赴いていただいたとしても大歓迎されることと思います。

G.I.Fのベトナムラボ

ベトナム以外にも、ミャンマーなど各国にも提携先がございます。

開発事例、価格についてなど、お気軽にお問い合わせください。

【HEAD OFFICE】

Global ID Footprint Pte.Ltd.

Shaw Towers #30-00, 100 Beach Road, Singapore, 189702

info@globalid.asia

【日本取扱窓口】

株式会社ホーユー

〒162-0066 東京都新宿区市谷台町6-3

TEL:03-3351-7511 FAX:03-3351-7515

info@hoyusys.co.jp http://www.hoyusys.co.jp